06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲州の山々がよく写っていたな


勝沼より戻ってきてから、独りで暮らしている実家の父が入院しまして。
命に関わるものではないそうで、一月ほどで帰れるそうですが。

今日は、長女と一緒に暮らしている彼氏くんも共に
実家の掃除に付き合ってくれまして。
ずいぶん汚れていた実家も、きれいになりました。

私一人だったら、途中でめげていたと思われる汚れっぷりで。
愚痴を言うわけでもなく、むしろ娘と笑いながら、何度も汚れた床を拭いてくれて。

おかげで、変に不安にならずに済みまして。
良かったなーと思ったのでした。
スポンサーサイト

5泊6日で勝沼へ






遅めの夏休みのはずが、予想外の猛暑で正に夏休み。
その行程を覚書。

1日目
 メルシャンのワイナリーツアーに参加。
 その後、近くの くらむぼんへ。

2日目
 念願のサントリー白州工場へ。
 午後から、シャトー酒折。
 甲府に戻り、小作で遅い昼御飯(夕飯?)。

3日目
 ずっと行きたかった、まるき葡萄酒から始まり
 フジッコワイナリー
 丸藤葡萄酒
 勝沼醸造
 遅めのランチがてら、シャンモリワイナリーの順で
 小さめのスーツケース引きながら、散歩コース。

4日目
 大月のリニア見学センターで、走行試験を見学。
 午後そのまま桔梗屋で、信玄餅ラッピング体験。
 帰り際に、中央葡萄酒と原茂に寄り道。

5日目
 台風逸れての快晴で、予定変更してサントリー登美の丘ワイナリーへ。
 夜、今回初の星空を満喫。

6日目
 最終日、最後に天空の湯で露天風呂入って大人しく帰宅。

今回の成果は、ワイン11本とウィスキー小瓶セット。
あと1本で1ダースだったなぁとか思ったり。
正月まで、ぼちぼち呑みましょう。

今回お世話になった、勝沼ぶどうの丘と
甲州タクシーの飯田さんに感謝。

川崎大師風鈴市








今年は、諏訪のガレ風風鈴にしました。

たまには更新


気づけば半年以上ご無沙汰でした。
先日、右膝の手術をしました。
人工膝関節になりました。
いつまでもズキンズキンと痛くてめげましたが、やっと痛みも治まってきて快適になりました。
脚の筋力つけて、海外旅行に行きたいです。
と。

真っ青



我が家のリビングから。
青空が見えるリビングが、お気に入り。
夕陽は、反対側で見えないけど
よく焼けてる日は、東南の空もキレイに見えます。
よ。

もうすぐ、紅葉した山並みも見える季節。


日帰りでアマルフィへ行きました







お世話になったツアーは、ここ。
[みゅう]
https://www.myu-info.jp/

ローマ発、世界遺産アマルフィ一海岸1日観光
http://www.myushop.net/options/detail/1164/pkg

個人で行くと面倒くさいアマルフィも、貸切バスやハイヤーで連れてってもらえて楽々。
帰りも、寝てたらローマに着いちゃう。


今回のガイドさん、日本語ペラペラのローマっ子シモーネ氏には色々教えてもらえて得した気分。

値段もいいけど、ご飯も美味しいし良いツアーでした。


竹寿司










トラステヴェレ地区にある

竹寿司
http://www.tripadvisor.jp/1536425?m=19905
Viale Trastevere, 4, ローマ イタリア

ランチは、13~15ユーロ。
ローマで、豆腐の味噌汁が飲める!
単品でラーメンもある。
大将は、日本人(昔、湘南でサーフィンしてたらしい)なので
日本語で注文できて安心。
魚も新鮮!

ローマで、イタリアンに疲れたら和食はいかが?


トラム



















路面電車です。
電車だから、各駅に必ず停車するところが便利。
何個目で降りるかわかっていれば、目的地に辿り着けます。

地元の人しか乗らない路線だと、古い車両。
観光客が多い路線は、新しい車両らしいです。
古いのも、味があるけどね。

路線図のとおり、結構路線ある。
ように見えるけど、あまり人気無い路線だとバスに変わってたりします。
路面電車の番号つけたバスが来る。
知らないと、乗っていいか迷う。

歩道やレストランのテラス席ギリギリに走るトラムが、江ノ電みたいだった。
あ。緑色だし。



市場ですぅ






画像は、テスタッチョ市場。
生のポルチーニ茸なんてのも、お手頃価格で買えるわけです。
でっかいのを買って、贅沢に厚切りしてバター蒸しして食べました。

アパートの近くにも、小さな市場がありました。

ただね。値段がキロ表示だから正直わからない。
日本みたいに、1個いくらじゃないわけだ。
肉くらいしか、100gいくらで見ないでしょ?
リンゴもトマトも重さ図って買う。
結果、安いんだけど。

スーパーも、あちこちにあるので
イタリア語も英語も話せない貴方でも、日本のスーパー並に簡単に買い物できますよ。はい。

ワインも安いし。

あと、スーパーでは買い物袋は有料です。

イリィのコーヒー豆とビアレッティ




のエスプレッソメーカー。

エスプレッソメーカーは、カンポデファオーリで買ったもの。
日本で買うより1000円くらい安かったよ。

同じエスプレッソだけど、マシンで入れたものには及ばないんだって。

それでも、イタリアの家庭には必ずあるエスプレッソメーカー。
日本にいながらにして、イタリア気分。


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

PETAPPA

©PETAPPA

最近の記事

月別アーカイブ

pictlayer

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。